高知を自転車で走りたい03-新緑の物部川-

  • 2017.05.25 Thursday
  • 21:34

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

 

こんばんは。

 

新緑がまぶしい季節ですね。

 

自転車で走っていると、やっぱり5月の高知は最高だー!と思います。

 

今回はちょっとだけ。物部川上流から河口へ向けて走りました。

 

 

私にとっては小さい頃からなじみのある香美市大栃(おおどち)がスタート。

 

大栃は国道195号線沿いにあり、物部川のダム湖が美しい山間の町です。

 

***

 

ちなみにこの道の先には、

 

鹿肉で有名な「べふ峡温泉」、また紅葉の名所「別府渓谷」があります。

http://www.befukyou-onsen.com/

 

去年は8月末に(父の虫採りにつきあって)別府渓谷に行ったのですが、

 

ひぐらしの声が谷一帯に木霊して耳がわんわんするほど。秘境感あります。

      

***

 

さて自転車。

 

スタート地点には、香美市役所(物部支所)と、

 

国道を挟んで奥物部ふるさと物産館があります。

 

★奥物部ふるさと物産館

http://www.city.kami.kochi.jp/map/monobefurusato.html

 

ここのレストランは、大きな窓から青々としたダム湖を見下ろせます。

 

ドライブの休憩にもちょうど良いかと。

 

それと、トイレを借りるならこの2箇所。

 

 

その近くの橋が、この時期特に美しいのです。

 

30年来(!)年に一度はこの景色を見てきました。

 

ただ残念ながら、現在はこの橋の架け替え工事中です。(下の写真は去年のGW)

 

老朽化のためか車道を広げるためか、仕方ないと分かっていても

 

この風景が見られなくなるのは…寂しいものです。

 

 

道はシンプルに、195号線を土佐山田方面に向かう一本道。

 

ほぼ緩やかな下りで、申し訳ないくらい快適に走れました。

 

…今回は色々あって片道だけ。逆だとずっと緩い登りということですね…。

 

(今度は往復で行きます;すいません〜)

 

国道なので車はそこそこ来ます。

 

ただ、車道横を走っていても怖い程狭いということもなく、道もきれいなので

 

注意していれば特に問題はないコースだと思います。

香北町美良布(びらふ)を通過。この辺りで有名なのは、やっぱり

 

アンパンマンミュージアムでしょう。

 

★★やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館

http://anpanman-museum.net/

 

香北町は、やなせたかし先生の故郷で、現在はお墓もあります。

 

アンパンマンほか多数の原画が見られ、内装も凝った造りなので大人も楽しめるはず。

 

子どもはそりゃもう大興奮ですよ。アンパンマン号の中に入れるし。

 

今は各地にできましたが、第一号館はここです。

下りきった辺りで、高知工科大学が左に見えてきます。

 

道なりに橋を渡りますが、そのまま行くと土佐山田に入るので、橋を渡ったところで左折します。

 

あとは海までずーっと、右岸をのんびり走れます。

 

この日は鮎釣りが解禁になっていたので、釣り人がけっこういました。

 

 

確か、4キロ地点周辺に公衆トイレがあったかと思います。

 

さらに河口に近づけば大きな公園がありますので、トイレは心配ありません。

 

 

ちょうどその公園の向かいには高知空港があります。

 

輪行で高知に来られる方もいるのでしょうね。…まだ見たことはないですが。

 

飛行機での輪行は経験がないので、やってみたいなーって思います。

 

 

ではでは、最高の季節、楽しいライドを!

 

お付き合いいただき、ありがとうございました。

高知を自転車で走りたい02-バラの庭を目指して-

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 11:50

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

こんにちは。

 

皆さま、連休明けお元気ですか?

 

今年のGW、高知は全体に曇りがちでしたが、

 

自転車で走るにはちょうどいい日和でした。

 

快晴の下走るのは爽快ですが、日焼けのことを考えると…悩ましいところです。

 

 

さて、私は最終日も少し走りに行ってきました。

 

今回はひとりで、高知中部〜やや東部の辺りをゆるゆる。

 

場所としてはざっくり↓のあたりです。

 

目的は2つ。

 

,Δ躋个┐瞭擦鬚さらいすること

 

¬郢圓離ぅ鵐哀螢奪轡絅ーデンにいくこと 

 

 

早速紹介すると、こちらが野市(のいち)の「イングリッシュガーデンハウス」の入り口。

 

個人の方が造られているお庭を一般に公開しています。

 

まさにイギリスのイエローブックようですね。

 

 

今回も辿った道をほぼ正確に繋げてみたのですが、

 

この画像サイズでは到底分からないと思うので、所々のポイントだけ紹介します。

 

間の地名が抜けますがご容赦ください…

 

 

まずは、ぜひ一度サイクリングの途中に体験していただきたい、長浜と種崎間の渡し船です。

 

★長浜種崎間県営渡船

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/170701/keneitosen.html

 

 

浦戸湾を船で渡してくれます。徒歩、自転車、125cc以下のバイクもOKです。

 

湾口には言わずと知れた桂浜があります。

 

ここで問題がひとつ。

 

湾を渡るためには、浦戸大橋か、橋のあるところまでひたすら中心街の方に戻るしかありません。

 

浦戸大橋は自転車には不向き(結構上る・車多い・歩道狭くて高い)ので、私はなるべく避けていたり…。

 

そんなときに、渡し船です!

 

時間にすれば5分程ですが、風も心地よく、船の上から見渡す湾の眺めもなかなか。

 

※ただし、それぞれ一時間に一本しかありませんから、時間は要チェックで!

 

もち蔵屋本店

http://www.mochikuraya.com/

 

幻のわらび餅で有名なお店です。

 

通りかかったのは10時すぎでしたが、やっぱり店の外まで行列が…。

 

お土産で何度かいただきましたが、上品な甘さとぷるぷるの食感はさすが「売り切れ御免」の味!

 

敢えて船で渡って買いに行くというのも、乙かもしれませんよ。

 

ここから黒潮ラインが東に続いているのですが、毎度、車の多いところは避けたい。

 

記憶を頼りに、黒潮ラインより海寄りの農道や町中の細道をひたすら東へ走りました。

ドルチェかがみ

http://www.dolce-kagami.jp/

 

こちらはジェラートで有名なお店。

 

帰りに通るときは、山羊ミルクのジェラートを食べるのがご褒美。

 

さっぱりしていて口当たりもよいので気に入っています。

 

ここもいつも繁盛していて、わざわざ車で来るのか…マメだな、とか思うのですが

 

そりゃこっちの台詞だと言われそうですねぇ。

●ヤ・シィパーク

 

ヤ・シィパークについては改めて。東へのサイクリングの起点です。

 

トイレも借りられます。いつもありがとうございます!

 

ここからUターンして内陸に向かいました。目指すは野市(のいち)です。

★イングリッシュガーデンハウス

http://e-garden-house.com/

 

 

個人の方が造られているお庭を一般に公開して、カフェスペースも併設されています。

 

お庭の全体像は、ぜひ足を運んで見ていただきたいです。

 

今年の5月7日頃は、バラは(種類にもよりますが)1〜2分咲きといったところ。

 

バラのシーズンは、庭好き花好きの方に人気のガーデンです。

 

周りがミカン農園なので、この時期はミカンの花の香りが甘く、なんともまったり。

 

入り口が少し分かりづらいかもしれませんが、看板立ってますので注意してみてください。

 

ここからは物部川に出て、土佐山田に向かって北上。

 

さらに北上して南国インターの入り口のある領石(りょうせき)の方に向かいました。

 

国道32号線に出たところで南下して、国分川沿いを中心街へと西に進むコースでした。

 

今回は前半中心に紹介しましたが、

 

今度は国分川沿いに東へ行って、土佐山田、大栃の方へ行ってみたいとも思っています。

 

*******************************

 

手探りしつつでしたが、行ったことのない道、うろ覚えの道、ちょっと冒険してみると

 

コースの選択肢も増えてますます自転車がおもしろくなりました。

 

自転車初心者の方も、まずは近場で安全に走れそうなコースを見つけて、

 

気軽にサイクリングを始めてみてはいかがでしょう。

 

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

*******************************

≪追記≫ 5月16日に再訪しました。

 

その時点でのバラ開花状況はこんな感じでした。

 

年によっての差はあるでしょうが、関心を持たれた方の参考になれば幸いです。

 

種類によってはほころびかけのものもあり、香り色共に絶好のタイミングでした。

 

余談ですが、前日のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」でこちらのお庭とご家族が紹介されており…

 

テレビ効果なのか平日にしては人が多かったです。お店の方はとにかく大変。。

 

たまたま放送見て、あちゃ〜なんでこのタイミングで紹介されるかねえとは思ったのですが、

 

まあ、盛り上がるのはいいことですね。

 

高知を自転車で走りたい01-仁淀川南岸ライド-

  • 2017.05.05 Friday
  • 22:11

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

 

ご無沙汰しております。

 

皆さまお元気ですか。

 

立夏ですよ。びっくり。

 

 

こちらに戻って一年とちょっと。

 

自転車(ロード)を始めて丁度一周年ということで、

 

少しずつ分かってきた高知の自転車事情をお知らせしていこうかと。

 

とりあえず、うちのアンカーさん。

 

 

とはいえ私は一年たっても大したことない自転車乗りです。

 

仕事忙しいと丸二ヶ月乗れないし、背中痛めるし、街中で落車してあばらにヒビ入るし…

 

何とも情けない後半戦でした…よよよ。

 

 

でも、自転車に乗りたくて仕方ない。

 

天気の良い休日に、何で私家にいるんだーとか。

 

で、ようやく自転車生活を再開して、本日すてきなコースを走ったのでご紹介です。

 

 

がっつり走るのはどうもなあ…でも天気のいい日に自転車乗るのは好きだ!みたいな

 

サイクリストさんの参考になれば幸いです。

 

自分は初級〜中級ライダーなので、とにかく楽しく安全に!自転車に乗るのが一番だと思っています。

 

*******************************

 

本日は高知県西部寄りの、仁淀川沿いを走ってきました。

 

位置としては、大体↓あたりです。

 


 

地図内のポイントを少し詳しく書いておきますので、ご参考ください。

 

詳細はグーグルマップなどで見ていただけたらと思います。

 

 

国道33号線を西に進みながら、小村(おむら)神社への分岐点を右折して仁淀川の方に進みます。

そのまま川沿いを一本道。

※ところどころ道がよくないところがあるので、気をつけてください。

【注意】この仁淀川南岸は、片岡沈下橋に至るまであまり車が来ません。

ですが、地元の方の生活道路でもあるので、曲がり角などで急に車と出くわします。

要確認で十分に注意してくださいね。

可能ならライト点灯をお勧めします。

★トイレスポット

 

自転車乗りには重要なきれいな公衆トイレです。感謝して使わせてもらいましょう!

 

屋形船仁淀川さんが管理していらっしゃるのかと。

 

仁淀川の屋形船…正直私も知りませんでした。レンタルサイクルもあるようです。

http://yakata-niyodo.com/

 

しばらくトイレないですが、困ったときには仁淀川対岸に渡れば何かしら施設があると思います。

ちょっと戻れば土佐和紙工芸村もありますしね。

※地図上、黄色区間はGoogle Mapで道が表示されませんでしたが、自転車は通れました(2017/5/5時点)

★★片岡沈下橋

 

 

沈下橋!

 

高知県民も大好き沈下橋!

 

背景の山の黄色い部分は、椎(しい)の木の花です。

 

この季節、あちらこちらで匂います。

 

 

だいたい私はぼっちサイクリングが多いのですが、今日は兄さんと一緒でした。

 

いやはや心強い。(兄さんミニヴェロでしたが…)

 

だってひとりで国道沿いとか走りたくない。車道怖い。怖いよ!!

 

東京のとき、甲州街道を走る恐怖は思い出してもガクブルです。

 

ダンプカーとか遠慮なくとばす車が、すれっすれを通りますから正直二度とごめんです。

 

高知だって気をつけるにこしたことはありません。

 

間違いなく車もイヤだろうと思いますが…。

★★★「おち駅」

 

越知町観光協会 観光物産館「おち駅」

http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/miyage/ochieki.htm

 

 

兄さんは名物「おちカツサンド」を食べていました。

 

私はまだそこまでお腹が減っていないので、小夏ソフトクリームで。

 

シャーベット感のある爽やな口当たり。

 

肉スキーではないですが、日曜限定「土佐あか牛バーガー」は気になる…

国道を避けつつ、佐川から日高村へ。

仁淀川橋の下では、毎年GW恒例の紙のこいのぼり川流しイベントを開催していました。

 

スケジュール:2017年は5/3・4・5日

 

                                 <写真提供:高知県>

 

澄んだ空の下、悠々と水!の中を泳ぐこいのぼり。

 

来年のGWはぜひともサイクリングがてら、イベント体験してみてはいかがでしょう。

 

*****************************

 

本日のコースは、アップダウンも少なくて仁淀川の良さを感じられる、のんびりコースだと思います。

 

私もまずは記録がてら、県内のコースをまとめる機会にしたいです。

 

自転車は楽しく安全に。

 

そして、なにはともあれ楽しいです!

 

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM