コンウィ城

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

お久しぶりです。

一応予告通りに、イギリスの話をさせていただきますね。
久しぶりに仕事以外の絵を描いたのですが、何となくのモデルは北ウェールズのコンウィ城。

「月夜のパーティ」(一部)




今年の春に、念願のイギリス再訪を果たしました。
 
今回も一人旅……できれば連れが欲しいのですが、いかんせん日程が合わない。。。
6年ぶりのイギリスでした。
 
言葉以前の問題に、貨幣とか空港のシステムとか、色々変わっていることもあって
戸惑う場面も。
でもでも、空気を吸っているだけで私は満足…!
 
個人イギリス旅行を考えている方の役に立つことを書きたいのですが、
旅程はまた追々。
とりあえずは、いきなり4日目の一部を書きたいと思います。

*******************

訪れたのは北ウェールズ、コンウィ(Conwy)。
町のシンボル、コンウィ城で有名な町です。


 
(後日談、この城が、ラピュタでシータが最初に捕らわれた要塞のモデルと知りました。
知っていたなら…知っていたならば……もっとテンション上がっただろうに!くっ…!)
 
大学以来、ウェールズへの憧れが強すぎて、今回はそれがメインの旅でした。
ようやく拠点をロンドンより北に据え、中部〜北ウェールズを巡る計画を立てたのです。
 
拠点にしたのは、チェスター(Chester)。
大聖堂のある美しい町です。この町のことはまたいずれ。
ここを起点にすると、北部中部イングランド、ウェールズ、行こうと思えばスコットランドも圏内です。
ただ、色々あって今回はヨーク、スコットランドは見送りましたが、
念願のウェールズに記念すべき第一歩をしるせたわけです。
 
コンウィは、歴史を肌で感じられる町でした。

鉄道としては、チェスターから一本で行けます。
しかも駅は無人駅!!日本のガイドブックでは結構大きく紹介されているのに…!
アナウンスがあるので何とかなります。が、降り遅れないように。

ウェールズの魅力のひとつは、どの駅でも駅名がウェールズ語と英語で併記されていることでしょう。
誇りに震えます。
目立った観光スポットではそうなのかもしれませんが、
コンウィ城の施設内では、exitもtoiletもウェールズ語が並記されていました。




 
それだけで、私はシャッターをきりまくりw




 
コンウィは港町です。ふりかえれば、おだやかな丘陵。
潮の香りがするけれど、緑の匂いもする。
おだやかな春の日差しと潮風、対岸の丘に広がるエニシダの黄色。
とにかく来たくて来たくて仕方がなかった町であり、国です。
 
駅から少し歩いて、緑の丘に浮かぶ羊の白い点と、空の色を見て泣きました。
来られてよかった。
 
コンウィ城は、小さいけれど管理もしっかりした美しい古城です。
チケット売り場のあたりは、最近改装されたのかもしれませんが、
施設として新しい印象でした。
スタッフの方はとても親切で、英語の下手な私にも優しかったですよ。

そして城壁には、堂々としたカモメさんがいっぱいw


 
1時間もあれば見切れてしまうかもれない、小さなお城。
ですが、塔の上から見る360°の景観はいつまで見ていても飽きません。

*******************
 
私は天の邪鬼なので、たくさんの人が訪れて変に観光客慣れしてしまうよりは、
今のままのコンウィでいて欲しい気もします。
(まあ、ツアーを組もうにもちょっとマニアック…?)
 
けれど、中世のイギリスの空気感を体験したい方には
やはりオススメです。
…今回、時間的にカナーヴォン(Caernarfon)までは行けませんでした。
なぜなら、鉄道が通じていないから。
でもコンウィからバスがたくさん出ていますので、行こうと思えば行けますよ。
私は他に行きたいところがあったので、次回こそはと誓いつつ!
 
ではでは、今回も、読んでいただいてありがとうございました。

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:31 最後に更新した日:2019/08/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM