お花見サイクリングと思いきや…

こんにちは。

桜前線北上中。

この時期はどうしたってソワソワしてしまいます。

 

先日は高知の東、方向で言うと室戸方面に走りに行きました。

久しぶりのざっくり経路↓

青矢印方向から来て、折り返した後は赤矢印の方に行きました。

 

 

こちらもざっくり、このあたりですかね。

 

今回の目的は、安芸サイクリングロードの途中にある桜のトンネルと、

一部リニューアルした大山岬の道の駅です。

 

その桜トンネルは、赤野という場所にあります。

日本酒「安芸虎」で有名な、有光酒造さんの真向かいあたり。覚えやすい!(笑)

 


そこから安芸に入って、伊尾木(いおき)を過ぎちょっと行くと、

大山岬です。景色がいいので、ドライブ客もたくさん。

 

この大山岬の「道の駅 大山」は、今年に入って

イートインスペースやメニューをリニューアルしたとのこと。

せっかくなので、新メニューのキーマカレーをいただきました。

ご飯がゆずの形になっていて実にかわいい。

ゆず酢を使っているそうで、香りもよかったです。

 

道の駅 大山

https://hotkochi.co.jp/news/7977/

 

 

サイクルスタンドがあるのも嬉しい。

自転車ブームですから、大体のところには設置されるようになりましたね。

 

ちなみにこのとき、二人連れのライダーさんが休憩されていましたが、

片方の方の自転車がビアンキで、フレームのカラーが凝っていておしゃれでした。

ウェアの色もそれに合わせていて、おおおー!すてきー!!とチラチラチラ。

 

さてここまでは予定通り、このあとはそのまま折り返して、

今回は往復110キロくらいかな(がんばった!)と思っていたのですが、

ご一緒したライダーさんに、ちょっと登り行ってみる?と誘われ

せっかくだからと夜須から県道51号線へ…

これが予想以上の寄り道に。。。


経路でいう上(北)に、うにょーんと回り込んでいる辺りですが、

片道ほぼ登りという、なんというデザート。

こいつはカロリー消費するぜ!と思いつつ、

昼にいっぱい食べておいてよかった。

 

登り口までは畑や大きな農家さんが多く、

どのお宅も裏山に桜の大木があって実に見事でした。

 

 

そして道はどんどん山深く、ひたすら登ります。

斜度はそれほどでもなかったので何とかなりましたが

一時間半弱登って、美良布や野市の方に続く分岐点へ。

やあ、登ったなあという風景。

 

人力ってあなどれないと思いました。

 

後はひたすら下り。

その下りがまた予想以上に長く、いつまで走っても見知った景色にならず…

終いには日が傾きはじめ、かなり焦る。

そうなると、山陰は気温がどんどん下がってしまい、

ちょっと軽装だったので失敗しました。

この時期はまだ、冬用アンダーに長袖、ウィンドブレーカーを携帯しているくらいで

丁度いいかもしれません。

 

結局、今回合計8時間の旅となり、往復160キロを稼ぎました。

走る人からすると、ふーんな距離でしょうが、

自分としてはまあまあがんばった…つか…れ…た…。。。ガクッ

 

でも、今回新しい道を色々開拓できて楽しかったです!

これから一般サイクリストにとっても本格的なシーズンインですから、

とにかく安全に、健康に、自転車を楽しみたいものです。

 

ではでは、ここまでのお付き合いありがとうございました!

皆さま、良い春をお過ごしください。

 


最近のお仕事

こんにちは。

桜が咲き始めましたね。

一気に存在感が増して、ここにも桜の木があったのか、と

驚くことがあります。

 

さて、最近のお仕事をいくつかご紹介したいと思います。

 

●『ほいくあっぷ』2018 2・3月号/4・5月号

http://www.hoikucan.jp/book/monthly/201804/hoikuup.html

 

何点かイラストを描かせていただきました。

<2・3月号>たまごちゃん。

 

 

 

<4・5月号>

 

 

 

●『サバイバル! 危険生物めいろブック』

https://www.kinnohoshi.co.jp/search/info.php?isbn=9784323074115

 

 

金の星社さんのめいろブックです。

今回は見返しのイラストと、めいろ案をいくつか担当させていただきました。

私も編集さんも鳥好きなので、猛禽類のページで異様に盛り上がるという…。

猛禽類かわい…かっこいいよね!

 

男子は特に盛り上がる一冊だと思います。

もちろん、爬虫類好きな女子にもぜひ。おお同志よ。

本文のイラストは、童美連でご一緒している小堀文彦さんとK-SuKeさんが

担当されています。

 

↓上野動物園にて。キリッ!

 

 

朝夕花冷えしますので、ご自愛くださいませ。

ではまた。

 


牧野記念庭園に行ってきました

大変ご無沙汰しております。

春は間近ですね。

インフルエンザは大丈夫ですか?

うちは今のところ大丈夫ですが、高知はまだ安心できないレベルらしいです。

 

久しぶりなので、日記らしいことを。

先日、念願の練馬区立牧野記念庭園に行ってきました。

 

 

植物学者、牧野富太郎博士が最後に居を構えた地です。

もちろん、こちら高知ではありませんが、

縁があるということでぜひご紹介したいと思いました。

 

牧野先生は高知県人のソウルパーソン。

そんな言葉があるかは知りませんが、

ソウルフードがあるくらいだから、そんな存在で間違いないかと。

 

本来ならば、池袋経由の電車で行けば良かったのですが、

中野に向かっている電車の中でふと思い立ち、急遽予定変更。

西荻窪からバスを利用しました。

縦方向に弱い東京が好きです。

バス、楽しいです。

 

10年以上東京にいたのに、今回やっと先生の終焉の地に行けました。

ちょっと涙出た。

 

銅像とスエコザサ↓

 

2月なので花はこれからというところでしたが、大きな桜の木もあり、

春になったら近隣の方々の憩いの場になるのでしょうね。

とても閑静な庭園でした。

無料です。

資料館もあります。

 

保存されている書斎の一部↓

 

東京は街ごとに色が違って、おもしろいですね。

牧野記念庭園は大泉学園にありましたが初めて行きました。

電車で行けない範囲に、もっと行っておけばよかったと思います。

 

今年6月には、高知県立牧野植物園に

英国キューガーデンからボタニカルアートがやって来る予定です。

かぶりつきで見に行きます。

 

今回は、牧野先生の足跡を辿れてよかった。

色々知る機会を大事にしたいです。

 

 

牧野記念庭園情報サイト↓

http://www.makinoteien.jp/

高知県立牧野植物園↓

http://www.makino.or.jp/

 

 

朝までは雨だったのですが、幸い冬晴れの庭園が見られました!↓

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:31 最後に更新した日:2019/08/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM